熟女の繰言

    国内政治も外交も、いろいろと。
    熟女の繰言 TOP  >  スポンサー広告 >  国語 >  「~ゆう」?「言わさせてもらう」?「了解しました」?

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --年--月--日 ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    「~ゆう」?「言わさせてもらう」?「了解しました」?


    あるブログを、筆者の見識の高さに感心しながら読んでいましたが、「~ゆう」という表現が登場して、「エッ」と思いました。しかもこの方は、ワザとなのかそれとも誤りと気付かずに身につけてしまわれたのか、この表現がしつこいくらい繰り返し出てくるのです。「こうゆうことだから・・・」「常識とゆうものがないのか?」というように。このことひとつで全否定はできませんが、たかが・・・されど・・・です。読み手に余計な負担を与えてしまいます。引用する際にも、そのままというわけにはいきません。折角の見識や主張が、半ば台無しです。


    2か月くらい前のことでしょうか?「たかじんのそこまで言って委員会」に橋下大阪市長が出演された時のことです。「私に言わさせてください」「しゃべらさせてください」「書かさせていただいたときに」と《さ入れ言葉》を連発しました。今、これらの言葉をパソコンで打ちましたら、いちいち赤字で《さ入れ表現》と出て、誤りを指摘してくれます。後日、国語演習の授業中に、この誤用例について触れ「大勢の人前に立って発言する人は、影響力も大きいのですから、間違ってもらいたくありませんね」と述べたところ、目をきらきらさせて頷いている生徒が数人いました。何人かは見ていて、同じことを思ったようです。


    偶々聞いたラジオ番組で、「敬語」に関する一冊の本(聞き流してしまったので書名を忘れてしまいました)を紹介する際に、アナウンサーが次のような体験談を語りました。「実は私自身、言葉遣いの認識不足に気付かされ、大変驚いたのです。これまで上司から何か頼まれたとき、平気で『了解しました!』と応えていたんです。これって本当は望ましくないんですね。上から目線的なニュアンスがあり、まだ『わかりました』の方が無難なのだそうです。一番いい答え方はわかりますか?『(答えはコメントへ)』なのだそうです。いい勉強になりました。」


    以上、思いつくままに、日本語運用の不徹底な例を挙げてみました。案外いい加減なまま、やりすごしてしまっているものが多いように思います。もしも今後とも、日本語を国語とし、英語を外国語とするのであれば、このままでよいはずがないとも思います。皆さんはどう思われますか?

    スポンサーサイト
    [ 2014年08月30日 ] カテゴリ:国語 | TB(0) | CM(4)
    『承りました』『承知しました』など・・・
    [ 2014/08/30 15:33 ] [ 編集 ]
    提案できる国として
    こんにちは。いろいろな分析をありがとうございます。
    難問題続出の今日、じゃあ、どうすればいいのかについて
    日本のブロガーは提案を試みるということも必要ではないかと思ったりします。
    理由はよくわかりませんが欧米のそういった構想力は急速に衰えている?

    日本には明治維新後、あるいは敗戦後の経験があって、多くの苦労の末の切り抜ける知恵というものをあちこちで見つけることができます。
    [ 2015/09/23 12:50 ] [ 編集 ]
    人工地震の記事について
    3.11の東日本大震災については、youtubeの内容はなるほどと思うものが含まれていると思います。
    しかしまた、あれほどの兵器が使われたとすればなぜなのか、ということも考える必要があると思います。被害者としてしか戦争を考えられないと戦争を防ぐことはできないのではないかと思いますので、いわゆる自虐史観とは違う思考も必要かと思います。
    被害者になりそうであったなら、事前にその被害を防止するような策を練るという思考の訓練や、加害者という面があったとしたなら、その立場についての申し開きができるようにしておくという教育が必要でしょうね。
    [ 2016/03/23 12:36 ] [ 編集 ]
    Re: 人工地震の記事について
    コメントをありがとうございます。メゾフォルテさんの思慮深いアドバイスに、諦めず未来を考える視点を教えられました。心豊かに日々を過ごしておられるのですね。私はともすれば目の前のノルマに追われて汲々としてしまいますので、反省し、見倣いたく存じます。
    [ 2016/03/24 10:15 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    satukihime

    Author:satukihime

    クリックいただけると幸いです
    検索フォーム
    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。