熟女の繰言

    国内政治も外交も、いろいろと。
    熟女の繰言 TOP  >  教育

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --年--月--日 ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    パチンコ業界にいる優秀な卒業生と、激論!


    クラブ活動のOB・OG会でのことです。人物に定評があり、後輩へも大変有意義なアドバイスをしてくれる立派な卒業生が、現況紹介をした際にパチンコ関係の会社にいることを告げました。

    後で自由に歓談する場がありましたので、その仕事に就いた理由を訊くと、大学時代にパチンコによく行っていたこと、法学部を出たが弁護士などになる気はなかったことから、パチンコ関係の会社の法務部に就職したとのことでした。

    「あなたほどの人がなぜ?」と率直な疑問をぶつけてみると、にわかにムキになって、パチンコ業界は、巷で言われるほど不健全ではないと、熱弁を振るいました。

    私は、ネット上で、パチンコの害悪を見聞きし、あの韓国ですら約5年前に全廃できたのに、日本は政治や警察や業界の癒着がひどく、なかなか泥沼から抜け出せない、由々しきことだ、というイメージを持っていましたので、この際ということで、真剣に議論をすることになりました。

    彼の言い分は、次の通りです。

    ○パチンコはレジャーの一つであり、違法なものではない。
    ○警察との連携もある。
    ○人との出会いや交流の場にもなっている。
    ○健全化の取り組みもなされている。
    ○北朝鮮とのつながりは理解の範囲外だが、少なくとも自分の会社は純粋日本人がやっている。
    ○もっと寛容な公平な目でこの業界を見守ってほしい。



    やはり彼なりに信念を持って仕事をしていることは伝わりましたが、認識の甘さは否めません。

    下記の討論の中には、驚くような発言が出てきます。


    ●警視総監が、パチンコ業界に天下っている。4万7千人の警察が関わっている。
    取締権限を持っている立場のものが女やカネで業界に癒着している。

    ●日本の戦後社会の病巣が表れている。道理とか正義があるのか。

    ●竹島も拉致もパチンコも、自民党が勝共連合(統一協会)と繋がっていること
    による弊害があるが、これはタブーとなっている。

    ●パチンコ業界からの政治献金が億を超えている。

    ●6千億円以上のお金が北朝鮮に渡っている。送金額は年々下がっているが・・・

    ●庶民の暮らしのただ中に、ものすごい数のギャンブル場があるのは、世界中でも日本だけ。教育上も、国民の精神環境上も、是正すべきだ。



    討論3時間目最後のぐちゃぐちゃのバトルからわかるように、この業界の関係者であるか否かで、全く立場が異なります。自分の生活を賭けて何が何でも存続させようとする人々が、僅かでもいる限り、単純に全否定はしにくいのですね。

    あれから4年以上経ちましたが、つい1年ほど前、私の住まいからほど近い主要道路沿いに、大規模なパチンコ屋が建ちました。駐車場の混乱を避けるため、常時2人の交通整理の方が、指揮を執っています。大盛況です。ため息が出ます。



    【討論!】パチンコは国を滅ぼすか?[桜H23/6/11]

    https://www.youtube.com/watch?v=4cE4ae5T6_g

    2011/06/10 にアップロード

    ◆パチンコは国を滅ぼすか?

    パネリスト:
     王様水野(白夜書房『パチンコ必勝ガイド』編集者)
     小坂英二(荒川区議会議員)
     鈴木隆行(元パチンコ店経営者)
     立花孝志(元NHK職員・ジャーナリスト・パチプロ)
     坂東忠信(元警視庁刑事通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師)
     古谷経衡(ライター)
     山野車輪(漫画家)
     若宮健(作家)
    司会:水島総





    スポンサーサイト
    [ 2016年03月24日 ] カテゴリ:教育 | TB(0) | CM(-)

    3.11人工地震を、教育現場で教えられるか?


    約4年前、私は9.11と3.11のダブルパンチに、すぐには起き上がれないほどの衝撃を受けました。

    けれども、もしも下記の「日本人が知らねばならない真実」という副題がそのものズバリであるならば、日本人に今すぐにでも危機感を徹底させる必要があります。現実から目を背けている限り、日本人はいつまでもオメデタイ国民であり続け、気づいたときには手遅れともなりかねませんから・・・。

    かつて多くの教育現場で、百人斬りだの、南京大虐殺だの、朝鮮統治時代の拷問だの、従軍慰安婦だのといった加害者意識教育を、事実を十分に検証しないまま、まことしやかに行っていました。このことからすれば、小・中・高校で、最近の世界情勢についても、最悪の可能性として、9.11捏造説と3.11人為説を教えるべきではないかとも思います。

    しかしこれは、人間の尊厳に関わる重大な出来事です。日航機事件も同様です。「日本人が知らねばならない真実」という副題を、どう受け止めたらよいのか、もしこれが真実だとして、それを知って何ができるというのか、悩みます。

    いえ、アヘン戦争にせよ、原爆にせよ、朝鮮戦争にせよ、ベトナム戦争にせよ、イラク侵攻(敢えてこう言います)にせよ、その他数多の人種差別による無差別虐殺がこれでもかと繰り返し行われてきた近・現代史を振り返るとき、やはり人間をきれい事でしか捉えないのでは不十分です。ありのままに理解し、認識し、自らの取るべき行動を考えることが急務だと思います。

    ーーーーーでは、来年度の授業ですぐに扱えるかといえば、そんなことを単独でできるはずがありません。でも、なんらかの前進をする必要を感じます。皆さんはどう思われますか?



    3.11人工地震の証明
    ~日本人が知らねばならない真実~

    https://www.youtube.com/watch?v=NQVvS2mbdPQ

    2016/02/17 に公開




    [ 2016年03月22日 ] カテゴリ:教育 | TB(0) | CM(-)

    「悲惨な子供の育て方」に思う


    ◎自分の意見をはっきり言う前に、他人の意見を喜んで聞く(よく聞いて尊重する)ことから学びたい。

    ◎自分の意見と他人の意見が違うときに、何が違うのかをよく考えると同時に、
    世の中にはいろいろな考えがあってよいという姿勢を持ちたい。

    ◎25歳くらいまでは未熟なので、決まった考えに凝り固まらない方がよい。

    ◎段階を踏んで社会が進歩していくと考える方がよい。



    など、傾聴に値する内容でした。(環境問題については承伏しかねる部分もありましたが・・・)



    武田氏のお話を聞き、教育現場での教師としての対応を反省させられました。

    ネットにある程度コミットして情報や歴史観などを受け取っているものとしては、マスコミの報道に飽きたらず、つい授業で、より問題点を先鋭化して危機感を煽りたくなってしまいます。

    日本人は、あまりにもお人好しであることを生徒たちに知らしめ、国益を守り、増強するためのシビアーな姿勢を持つよう呼びかけたくなる場面があります。

    けれども、教育の場では、疑問を投げかけるにせよ、個人攻撃的な扱いを避けることを心掛け、怒りは胸に秘めつつもあくまでも冷静沈着な表現をとらなければならないのですね。しっかり反省して、今後に臨みたいと思います。


    一方で、18歳からの選挙権を有効なものにするためには、小・中・高校で社会に対する関心を高め、資料を収集したり、発表したり、テーマを立てて議論したりする機会を増やすことが、是非とも必要だと考えます。

    教師からの押しつけでなく、調べたり、発表したり、議論したりする機会が与えられれば、自ずと問題意識は高まるはずです。そして、武田氏が提唱されたように、他人の意見に耳を傾ける姿勢も育つと思います。

    その結果、25歳まで待たずとも、ある程度自分の考えを確立し、選挙で責任ある一票を投ずることができるでしょう。生徒たちが、自分たちの未来を、自分たちの手で築いていくという自主・独立の精神を培ってくれるよう願います。


    武田邦彦 悲惨な子供の育て方

    https://www.youtube.com/watch?v=P5NHHezxJUY

    2015/12/20 に公開

    武田邦彦先生が「バッシングが激しい世の中で、子供にはっきり意見を言わせることだけを教えるのは非常に危険」とお話しされています。





    [ 2016年03月19日 ] カテゴリ:教育 | TB(0) | CM(-)

    『希望ふたたび』


    誰かのひと言が、思いがけない出会いをもたらす・・・そんな体験をされたことがありませんか?私は、あるお店へ行ってみたら?と言われたことがきっかけで、思いがけなく『希望ふたたび』という本をいただくことになりました。

    阪神淡路大震災で、一人息子を亡くされたお母さん、加藤りつこさんが書かれた本です。

    この中にある、息子さんが、生前お母さん宛に書かれた手紙が、大変すばらしいのです。息子から母宛に書いた手紙としては、最高の内容だろうと思います。ご家庭で特に何か宗教に入っているわけではないそうですが、息子さんが「神様」という言葉を用いておられるのは、お母さんへの最高の賛辞を伝えようとされた結果だと思います。

    この手紙に、放浪のシンガーソングライター、奥野勝利(まさとし)さんが、つけられた曲も、すばらしいものです。映像と相まったこの作品は、不朽の名作だと思います。是非お聞きください。

    母と子よ、永遠に・・・これは全ての母と子に向けられた祈りです。ささくれだった心を、癒してくれる本物の愛を全世界の人々にお届けしたいと思います。


    「親愛なる母上様」 翼の生えたうしより

    https://www.youtube.com/watch?v=nRIE9gZIbIw



    [ 2016年03月16日 ] カテゴリ:教育 | TB(0) | CM(-)

    今こそ・・・脱『GHQ洗脳政策』


    先日、4クラス約160名の生徒たちに、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」という言葉を聞いたことがあるかと訊ねたところ、少なくとも表向きは、誰一人反応を示しませんでした。かくいう私も、正直に言えば、ここ3年ほどブログ活動をする中で何度か見聞きして、馴染みのある言葉になったものであり、ごく最近までは未知でした。

    この言葉は、今こそ公然と語られるべきだと思います。戦後日本国民が、国民としての誇りを喪失すべく不当な心理的コントロールをされたという事実を知り、7000冊にも及ぶ焚書が行われて日本の歴史が歪められたのを知ることは、これからの日本を形づくっていく若者にとって、不可欠であるとさえ思います。


    数日前に視聴したチャンネル桜の動画に、《あらためて『GHQ洗脳政策』を考える》と題した高橋史朗氏の講話がありました。重要だと思われるところを聴き取って文字にしましたので、どうぞお読みください。


       【高橋史朗】 あらためて『GHQ洗脳政策』を考える   

    [桜H27/6/23]

    https://www.youtube.com/watch?v=ErxorZIlwzw


    《講師紹介》

    高橋史朗(明星大学教授)

    早稲田大学院修了後、スタンフォード大学フーバー研究所客員研究員、臨時教育審議会専門委員、埼玉県教育委員長などを歴任。
    『検証・戦後教育』『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』など、著書多数。


      《講話内容》 ★は、司会者側からの感想や質問



    「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」
    (日本人に戦争に関する罪悪感を植え付ける政策)について

    現在、自民党が党として検証しようとしている。

    だが、1942年に、既にこの構想はできていた。この思想的な萌芽は、実は開戦直後から存在したのだ。

    ブラッド・フォード・スミスが、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」を取り仕切った責任者。

    私(高橋氏)は、214万ページのGHQ文書(当時まだ知られていなかったもの)を研究した。

    日本は敗戦に至る以前に、予め戦争に関する有罪性を押しつけられるよう、仕組まれていたことになる。

    これは、東京裁判の正当性につながる考え方であり、そこで強調されたのは、南京大虐殺だ。なぜこれを強調するかというと、原爆投下に対する非難の矛先をかわすことが目的であった。

    当時鳩山一郎(鳩山元総理の祖父)が、「原爆投下は戦争犯罪である」と明言した。これをアメリカは、何としてもかわそうとした。日本の有罪性を強調することでアメリカの有罪性を相殺しようとした。

    アメリカの対日心理戦略の原形は、中国共産党が、日本兵の捕虜を洗脳した方法に由来する。洗脳された日本人が、南京大虐殺を証言したのだ。それをヒントに、占領政策に活かそうとした。

    1944年12月16・17日にニューヨークで「日本人性格構造会議」で40人の学者(文化人類学者、精神分析学者、心理学者)が集まり、日本人は、幼稚で未熟で本質そのものが病的であるということを結論づけた。

    ドイツのナチヅムは一時的なものだが、日本人の軍国主義は伝統的なものである。古事記の神話にも、残虐な話が見受けられる。日本人には、首狩りの習慣がある・・・・と。

    昨年12月にアメリカで「アンブロークン」という映画を見た。アンジェリーナ・ジョリーが製作・監督した、2014年のアメリカ合衆国の戦争映画だ。それに影響を与えているのは、日本人の田中ユキという人の書いた「日本人には人食いの習慣がある」と書かれている本である。(原作はローラ・ヒレンブランドによるノンフィクション。)

    アメリカが慰安婦問題で、2007年に対日非難決議を出したが、その根拠となったものは何かを調べた時にも、田中ユキの名前が出てきた。

    この人物は、実は田中利幸という広島市立大学の教授だが、日本語で書かないために、日本人には知られていない。こういう人間が、実は世界に影響を与えているのだが、我々日本人には認識がない。

    私たちは、こういうことをきちんと認識して反応していかなければならない。


    ★日本人の本質に関わってこのように誤解を招く情報を提供すると、日米安保の信頼性にも影響を与えかねないのではないか。

    基本的な日本人観は70年前と変わっていないのではないか。今だに、従軍慰安婦問題や南京虐殺が取り上げられるが、根本には日本に対する誤解が根強くある。

    「日本人の伝統精神や国民性そのものが病んでいる」という認識がある。マッカーサーは「日本人の精神年齢は12歳だ」と言った。

    だが、はっきり言えば、これはあくまでも戦時プロパガンダである。どういうことを言えば日本人が自信を失うか、誇りを失うか、を考えた上でのこと。

    例えば『菊と刀』は文化人類学の名作とされているが、これも戦略論文。結論は、日本人は国民性や道徳性が病んでいるというレッテル貼りをすれば、自信を喪失させることができる、というもの。

    中国でも今、『菊と刀』がブームになっているが、そこには原典にない写真まで入っている。例えば日本女性の着物姿は、ひもでがんじがらめに締め付けられているとか、新渡戸稲造の写真入りで、『武士道』は軍国主義の正当化のために書かれたものであるという具合。日本精神に対する誤解が、今も続いている。

    反日親中という深いルートがあると思われる。昔はアメリカ人の中に、親日派といわれる人たちがたくさんいたが、今では探すのに苦労する。

    また、留学生の人数でいえば、ある大学で日本からの留学生が100人だとして、韓国人は1000人を超えている、さらに中国人は2000人を超えているという具合。自分が35年前にアメリカに留学していた時には、日本人の力は強かった。現状がこれなら、10年先が思いやられる。

    ニューヨークやワシントンのホロコースト博物館で慰安婦の展示が始まったことに、日本人が抗議をしても、何十倍もの寄付が在米韓国人から集まってきて太刀打ちできない。

    ★ 日本側からも誤解を解く必要性があるが、アメリカ側からも認識を変える必要があるのでは?

    稲田朋美さんが「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」の検証作業を、憲法改正の議論と関連して立ち上げるのだが、資料に基づいて、冷静に事実を伝えていかなければならないと思う。

    アメリカ人の懐の広さをよく知っているので、表面的な反米ではないが、史実に基づいて冷静に議論していきたい。

    占領軍は解放軍だったというおめでたい見方と、占領政策を責める見方の両極端を乗り越えなければいけない。

    また今後は、教育の現場でもこれを活かしていきたい。

    「美しい日本」のビジョンを持ちたい。韓国にも中国にも共感されるようなものにしたい。子どもたちの心にも響くようなビジョン。

     
    ★ 反米になってしまっては、中韓の思う壺にもなりかねないし、難しいところだ。

    事実を、英語で発信したい。残念ながら日本はそれをしていない。韓国では、バンクという組織があって、10万人の若者達が一生懸命、韓国の正しい姿(?)を世界に向けて発信している。日本海を東海と改めるよう働きかけたり、慰安婦像のところで公聴会を開く際も8割が高校生だ。日本の高校生が、慰安婦とか南京大虐殺について何か発信しようとする意志があるか?

    日本の若者達が、日本をきちんと発信できるように、教育で育てていくことが大事だと考える。

    ★ 国力とか資金力でいえば、日本と韓国では比較にならないのだから、もっと日本の若者達が本気で発信してほしい。そのためにももっっと、何が正しいのかを知ってほしい。単なる歴史上のエピソードではない。現在に繋がるものなのだから。

    現在アメリカ在住の日本人の子どもたちが、明らかないじめの対象になっている。学校で、戦時中の日本人の残虐行為を示した映像などを見せられ、肩身の狭い思いをしている。だが、保護者にも、それに対抗するだけの情報がないので、泣き寝入りの格好になっている。

    この問題は、官民一体となってやるべきだ。



    ~ 視聴者のコメントより ~

    zeke skylord

    田中利幸 (歴史学者)】 専門は戦争犯罪を中心とした軍事史。最終学位は西オーストラリア大学Ph.D.。
    博士や教授だからと言って、彼らが全て真っ当な人間だ、と思うのは大間違いです。
    現在は広島市立大学広島平和研究所の教授。  (市立大学のホームページを調べたところ、2015年3月退職・・・ブログ筆者)
    難波哲や赤坂まさみ、のペンネームも使用して世間に吹聴しています。

    彼は、戦争捕虜に対する人肉食を含む残虐行為の明白なる証拠を発見したと、肉食は上級将校の監督下で行われ、権力を表象化する手段として認識されていたと唱えています。

    敗戦国の日本では、日本人を弱体化させる為に、様々なトリックが仕掛けられてきました。 ここで、お願いがあります。
    ここに集う人々をも含めて、多くの人々は、東京裁判、南京虐殺、従軍慰安婦、占領政策、・・・これらの内容を自ら調べその真実!を世間に発信しようと決意して下さい。・・・何もしなければ確実に「反日勢力に負けます」

    今の日本は、戦後体制の真っ只中ですから、学校やマスコミから真実を知ることはできません。
    彼らが日本を弑する戦後体制を築いて来た張本人だからです。

    国賊が大手を振って闊歩する今の日本、何の努力も無く日本が取り戻せると思ったら大間違いです。 日本を取り戻すために汗を流してください! 風雲急を告げる昨今、日本を大切に思う人々が受け身の姿勢やボヤキに埋没していたら、反日勢力に負けるということです。 ここに集う人々の一人一人が立ち上がらなくて、どうして日本が取り戻せるうというのでしょう。 それぞれの個人の力量に合わせて、何も知らず扇動される多くの人々に対し、何らかの発信をしてくださることを願います。



    サトウ ハルエ

    日本人の発信が少なすぎるという高橋先生のご指摘、ごもっともです。しかし、中韓の学生を何百人も日本の国費で留学させ、日本人学生・研究者の欧米への留学費用はその何十分の一という超不均衡こそ、まずは正さなければ、発信できる若者を育てることができない。

    敵国と認定すべき中韓の多数の若者を日本で学ばせる愚を今すぐやめ、日本人の学生にお金を使うべきです。





    [ 2015年07月13日 ] カテゴリ:教育 | TB(0) | CM(-)
    プロフィール

    satukihime

    Author:satukihime

    クリックいただけると幸いです
    検索フォーム
    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。