熟女の繰言

    国内政治も外交も、いろいろと。
    熟女の繰言 TOP  >  2015年09月

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --年--月--日 ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    日朝の大学生交流が秘める可能性とは?


    一昨夜のNEWS23(TBSテレビ)で、日本の大学生たちが訪朝し、平壌において、日朝の大学生が交流する様子が映し出されて、大変驚きました。こんなことが可能なのかと・・・ 

    放送時間は、ニュース番組の中での特集ですから、10分前後だったかと思います。2泊3日の日程で(下記の記事に寄れば約1週間滞在したように受け取れますが、聞き違いでしょうか?)、自己紹介、会食、ハイキング、ディスカッション、お別れ会などの様子が描かれていました。

    最初に思ったのは、ここのところ大量処刑や韓国との間での武力衝突が報道され、かつて拉致された人々が今なお日本に帰されていない物騒な国に、よくもまあ、大学生が勇気を出して乗り込むことができたな・・・ということでした。

    NGOの手引きがあり、報道陣も同行しているということで、身の危険は極めて少ないと判断できたのかも知れません。

    北朝鮮の外語大で日本語専攻の生徒たちは、ほぼ日本語がぺらぺらで、コミュニケーションはうまくとれていた様子でした。若者たちは、最初こそぎこちなさがあったものの、二日目からはすっかり打ち解けて、別れの時には男子は固い握手を、女子は涙を流しながら、抱擁をしていました。

    育った環境がまったく違っても、ほんの短期間でもこんなに通じ合え、大切にし合うことができるということを目の当たりにして、胸が熱くなりました。

    けれど、残念なことに、日本人の大学生たちは、何ら自己主張をしないまま、貴重な訪朝の機会を過ごしてしまったように見受けました。

    たとえば、次のようなやりとりがありました。

    北朝鮮側の学生からの質問「安倍70年談話をどう思いますか?」への日本人学生からの答えは、「やはり謝罪をしないと、国交が回復できないと思った」というようなものでした。これからの子孫たちが謝罪をし続けなくてもよいように・・・という、あの談話の要ともいうべき部分を、ちっとも受け止めていない答え方だと、がっかりしました。

    北朝鮮側の女子学生との個人的な話をしたなかで、「彼女の祖父や親戚の人たちが、植民地時代に日本人に殺されたと聞いて、何も言葉がなかった」と日本の男子学生が述懐している場面もありました。

    日本は過去、この国の人たちに対して悪いこと、ひどいことをした、という意識しか持たず、その負い目を再認識した、というような日本人学生の様子に、この交流会の意義を疑わずにはいられませんでした。

    しかも、拉致問題についての言及は一切ありませんでした。かなりの時間をかけて意見交換をしたようなので、もしかしたら話題には出たのかも知れませんが(予め話題に関する制限がかかっていたのでなければよいのですが)、テレビ局側は、あくまでも拉致問題とは切り離して扱いたいのだなという意図を感じました。

    このコーナーの締めくくりとして、岸田外相がにべもなくあしらわれている映像をバックで流しながら、男性キャスターが、「政府は拉致問題の進展が阻まれているが、一方で民間での交流がこうして行われているということで、両国の関係が改善に向かうことを願いたい」というようなコメントをしていました。

    実際、北朝鮮の女子大生の感想に、「これまで日本にはよいイメージがあまりなかったけれど、この交流を経験して、ずいぶんイメージが変わりました」という言葉もありました。

    日本でも、北朝鮮といえば、非人道的な独裁国家というイメージが強く打ち出されています。様々な誤解もあるのでしょう。

    現実をよく知ること、歴史の真実をもっとよく学ぶこと、そしてうわべではなくとことん話し合って、明らかに目の前に立ちはだかる壁を何とか突き崩すことを目指せるのであれば、若者たちの出会いと触れ合いのこうした機会を通じて、お互いを尊重する気持ちが養われることは、大変有意義だと思います。




    平壌で日朝の大学生ら意見交換 「対話続け交流深めよう」

    http://www.jp-news.info/article-2685.html

    2015-08-28


    【平壌共同】日本と北朝鮮、韓国の子どもたちの交流を進める非政府組織「KOREAこどもキャンペーン」(東京)などとともに平壌を訪れた日本の大学生らが28日、平壌外国語大の日本語専攻の大学生と、両国の若者が交流を深める方法について議論し「もっと時間をかけて対話を続ける必要がある」と意見を交わした。

    日本からは東大や中央大、国際基督教大などの男女7人が今月22日から訪朝。日本人と初めて会う平壌外大の9人と歴史施設を見学したり、双方の国の歌を紹介したりして過ごした。

    平壌外大は学生数約2千人で、計23カ国語を教育する5年制大学。日本語専攻の学生は約40人。



    スポンサーサイト
    [ 2015年09月24日 ] カテゴリ:政治外交 | TB(0) | CM(-)

    【日米同盟で抑止力強化&積極的平和主義】の無様!


    国会の無様さ加減に、呆れ果てて無気力状態になりそうです。あるTV番組で、元航空自衛隊幹部の方が、先日の参議院での様相に対して「恥ずかしく、悲しい」と率直な感想を述べられましたが、私もその気持ちに強く共感しました。

    教育現場にいるものとして、日本の良さ、誇れる点について、折に触れて取り上げ、生徒からも引き出し、教室で共有することに努めてきましたが、国を代表するおとなたちが、あのように無様な姿を子どもたちを含む全国民の前に晒したということで、すべてがぶち壊しです。

    いかに安倍首相が繕おうとも、稲田氏が毅然とした口ぶりで正当化を図ろうとも、立憲主義、民主主義、平和主義そして日本国の尊厳は、安倍政権によって著しく損なわれました。

    これでは諸外国に舐められ、侮られても仕方がありません。ロシアとの交渉も、北朝鮮との交渉も、暗礁に乗り上げてしまうでしょう。

    これまで以上に手厚くアメリカに協力すれば、アメリカが日本の守りをより強固にしてくれるでしょうか。アメリカのアジア戦略を理解する最大のキーワードは「分断統治」である、とよく言われます。かつて、拉致問題も全面的な解決の一歩手前で、アメリカによって妨害されました。

    アメリカ議会での2004年の「北朝鮮人権法」の成立と2005年9月の特別な金融政策・・・この法律でアメリカの北朝鮮対策には、日本人拉致被害者の救出が必須の条件として組み込まれ、さらに、ブッシュ政権においては、マカオの銀行、バンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮関連口座を凍結する政策がとられたのです。しかしブッシュは、国務長官ライスの下にいる者の意見を取り入れて、北朝鮮の犯罪摘発を止めてしまい、それにより、拉致問題解決の期待は無惨に、外れてしまったのでした。

    アメリカが、日本の立場を支持するような態度を取るのは、他の側面で日本の協力を得るためのポーズに過ぎません。また、朝鮮半島における脅威と危機なるものは、最初から現実にそこに存在する危機というよりも、アメリカの政策意思の変転によって創出、増幅されていったものだ、という事実を確認しなければなりません。




    [ 2015年09月23日 ] カテゴリ:政治外交 | TB(0) | CM(-)
    プロフィール

    satukihime

    Author:satukihime

    クリックいただけると幸いです
    検索フォーム
    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。