熟女の繰言

    国内政治も外交も、いろいろと。
    熟女の繰言 TOP  >  スポンサー広告 >  政治外交 >  【トランプVSキムジョンウン】の行方

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --年--月--日 ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    【トランプVSキムジョンウン】の行方


    北朝鮮が核を手放せないのは、戦争抑止、体制維持のためで、当然とも言えます。キムジョンウンは、自分の地位と命を守ろうと必死なのです。

    アメリカが核開発を止めさせようとするのは、自国に北朝鮮からの核攻撃が及ぶ事態を回避しようとするためです。今ここに至って、トランプが「金氏と対談できれば光栄」などと言っているのは、核開発を止めさせることは叶わぬまでも、アメリカに届くほどのこれ以上の高機能を持つには及ばない、と説得しようとしているのではないかと思います。

    これまでの体制を維持し、金正恩の命を保障するという条件をアメリカが出せば、ひとまず、この場の緊張は緩和されることでしょう。

    けれど、核の脅威も、日本の拉致問題も、またそのまま先送りされるのです。相変わらず必要悪のまま、事実上の核保有を認められた形で北朝鮮は存在し、日本は危機的状況に備えて常にアメリカの支配下で、米軍を支援し、米から高価な軍備を買わされ続けるのです。

    日本人たちは一難去ったら、やっぱりたいしたこと無かったじゃん、とまた呑気に構えそうですが、自国民の救出も、自主防衛も叶わぬまま、恥の文化すらどこかに置き忘れて、他国に翻弄され続けることでしょう。搾取され続けることでしょう。
    低額の年金や生活保護下で喘ぐ国民は、これからも増え続けることでしょう。




    【衝撃ニュース】北朝鮮をアメリカが攻撃できない理由とは!?
    ・・・米朝のこれまでの経緯を踏まえて徹底解説!!

    https://www.youtube.com/watch?v=nJCXe5Y4xeU

    2017/04/26 に公開



    緊迫の朝鮮半島有事!止まらぬ北朝鮮の挑発!
    「叩くのは今だ!」米国本気の金正恩体制崩壊シナリオ!
    “クールな政治”

    https://www.youtube.com/watch?v=nUjaY2AxdiE

    2017/04/26 に公開








    スポンサーサイト
    [ 2017年05月02日 ] カテゴリ:政治外交 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    satukihime

    Author:satukihime

    クリックいただけると幸いです
    検索フォーム
    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。