熟女の繰言

    国内政治も外交も、いろいろと。
    熟女の繰言 TOP  >  スポンサー広告 >  政治外交 >  全面戦争に至る危機にあって

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --年--月--日 ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    全面戦争に至る危機にあって


    本日(5月21日)、またしても北朝鮮がミサイルを打ち上げました。ICBMの開発を急いでいる北朝鮮を、アメリカがいつまでも静観しているでしょうか?

    下記の番組の結論として言われていること・・・戦争へと押し流されることを回避するために、北朝鮮との対話が必要だとされ、これが最後のチャンスかもしれないのです。

    NHK制作のこの番組は「有事となることを避けられるのか、世界が見つめています」などという悠長な言葉で締めくくられていますが、今日本がすべきことについて、具体的な考察や指針が示されていません。

    「平和国家」を標榜するのであれば、「拉致問題解決」を最優先するのであれば、全面戦争に至る危機にあって、日本はアメリカの後塵を拝していてはならないはずです。安倍首相は、今こそ世界のヒーローになるべく表舞台に名乗りを挙げねばなりません。キム・ジョンウンVS安倍晋三の会談が望まれます。辞任に追い込まれる前に、安倍首相ならではのもう一仕事が残っているのです。



    NHKスペシャル 緊迫 北朝鮮 危機の深層 5月20日



    2017/05/20 に公開




    スポンサーサイト
    [ 2017年05月22日 ] カテゴリ:政治外交 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    satukihime

    Author:satukihime

    クリックいただけると幸いです
    検索フォーム
    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。