熟女の繰言

    国内政治も外交も、いろいろと。
    熟女の繰言 TOP  >  スポンサー広告 >  政治外交 >  【米の北対策】どっちに転んでも日本は困る!

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --年--月--日 ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    【米の北対策】どっちに転んでも日本は困る!



    「北朝鮮をめぐる一般の日本人の対応には、目に余るものがある」という趣旨のことを、織田邦男(おりたくにお)元空将がおっしゃっています。強く共感を覚えました。私が視聴したマスコミでも、一般人のコメントは、「脅威という言葉はわかるけどあまり実感がない、もうジタバタしてもどうしようもない、いっそ諦める力を持とう」など、何とも他人任せで受け身な、投げやりな、それでいて楽観的な言葉ばかりが聞かれました。

    今が、嵐の前の静けさだとすれば、不意に嵐が襲ってきた時、我が日本国民は風雨に打たれるままとなり、嵐が過ぎ去った後にはどれくらい生き残っているかどうかわからないという状況が予知できます。必死で生き延びるために戦っている国々や人々からすれば、どこまでも享楽的な輩たちに、一発お見舞いして、性根を入れ替えてやりたくなっても当然ではないでしょうか。

    戦争を避けるなら避けるで、どうすれば平和を保てるのか、もっと真剣に一人ひとりが自分のこととして考えねばならない、間違いなく今はその時です。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    下記の動画の要点をまとめてみます。

    アメリカの北朝鮮対策は、次の3通りに分類される。

    (1)先制攻撃で北朝鮮を破壊する
    (2)核保有を限定的に認める
    (3)斬首作戦(金正恩を殺害) 

    上記の(1)が行われた場合、大混乱が起き、日本や中国に難民がなだれ込むなどが考えられる。
    (2)が行われた場合、日本は今まで以上に常に脅威に晒されることとなる。
    (3)を想定して、金正男は殺害されたに違いない。(金正恩亡き後、中国が金正男を擁立しようとしていたことをキャッチしてのことだっただろう。)


    今、日本人が銘記せねばならないことは・・・

    ◎米中関係が背後にある
    ◎我々の頭の上に火の粉が降りかかりつつある

    ということだ。


    北朝鮮の危機は深刻だということを、日本国民は実感していない。
    今や固体燃料化されているということは軽視できないのだ。
    起動したら、即、打てるのだ。
    今やアメリカでも叩けない状況だ。
    日本は核の導入を含めてあらゆる措置を講じなければならないのだ。

    対中国で言えば、最悪の場合、日米首脳会談がちゃぶ台返しされる可能性もある。
    経済問題と安全保障問題が結びつけられた場合だ。
    要するところ、米の対中赤字を半減させ雇用を生むための対策をとる代わりに、中国に西太平洋の覇権を渡す、ということがあり得るのだ。

    中国のシュウキンペイが、オバマの時2014年くらいから、会う度にこれを言っている。新型核大国関係を結ぼうと・・・
    太平洋は米中の二大国が入るには十分なスペースがある。
    2040年までに、ハワイを境に半分の太平洋についてはパックスアメリカーナでいいから、残り半分については中国の核心的利益に触れないでほしいと・・・


    抑止(核兵器使用を止める)には二通りある

    1《懲罰的抑止》(一発撃ち込まれたら、百発打ち返す)
    =アメリカにしかできない→日米同盟が必要
    ?アメリカの抑止に疑問がある→日本が核武装せざるを得ない

    2《拒否的抑止》(核を使う目的を拒否する)
    ① ミサイルディフェンス(防衛)
    ② 策源地(我が国に対する弾道ミサイルなどの攻撃基地および移動発射機)攻撃
    ③ シェルター


    今まで懲罰的抑止をしようとしていたペリー元国防長官が核武装国と認めようと言い出したのは問題。

    ①のミサイルディフェンスは実質不可能・・・待ち受けして9分以内に打ち落とせない
    ②は持つべきだが、動き回るものを攻撃することは無理。今は1万のトンネルがあるといわれている。場所が特定できない。
    ③のシェルターは、日本においては曲がりなりにも地下鉄がある。食料の備蓄と空気清浄機を整備して、放射能が無くなるまで待機できる施設を作ることが必要。


    日本人には主権意識がない。マレーシアは主権の侵害に対してしっかりとした意識がある。国際社会のスタンダードに合わせないと、大変なことになる。主権の重みが失われてしまっている。グローバル化というのは、主権の重みを無くすこと。


    日本における在日米軍は、韓国における在日米軍とはまったく違う。韓国の米軍は、韓国を守るためにある。日本の在日米軍は、パックスアメリカーナを守るためにあるのであって、日本を守るためではない。だから、日米会談でトランプが、これまでとは打って変わって、経費云々を一切言わないばかりか、謝意を表明したのは、当然のことだ。それなのに日本人は喜んでいる。

    今後、このパックスアメリカーナの方針が、対中国との経済がらみで、変更されると、現在のように、米軍滞在が日本の国益に合致するという状態が続かなくなる虞(おそれ)がある。


    怖いのは安倍さんが、トランプに押されて、訳もわからない軍拡に陥る可能性があること。しかも米国製を買え!と言われること。合理的判断が必要。


    日本の領土、領空、領海を守るのは、日本国民であるという自覚を持とう!




    織田邦男

    TVが報じない日本に迫るとんでもない状況を暴露!
    日本人の命をどう守るべきか?



    2017/04/25 に公開





    スポンサーサイト
    [ 2017年06月02日 ] カテゴリ:政治外交 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    satukihime

    Author:satukihime

    クリックいただけると幸いです
    検索フォーム
    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。